お金のトラブルSOS

滞納・未払い・差し押さえ
滞納・未払い・差し押さえ。私達を悩ませるお金の悩み

私達が健全に生活していく上では、様々な支払いが欠かせません。カードローンを利用している方はその支払いに毎月一生懸命になっている方もおられるでしょう。

またカードローンを利用していない方でも、NHKや税金、携帯電話の料金や光熱費に家賃など、ひと月の中には実に様々な出費がありますよね。

このように出費が多い中で「今月は払いきれずに滞納してしまった…」という場合も、あるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、様々なお金の支払いについて、例えば光熱費にNHK、家賃や国民健康保険などの支払いの延滞をしてしまったら、どうなるのか?ということについて、それぞれリンク先で詳しく紹介していきましょう。

ローンの滞納は最悪何もローンが組めなくなることも?

ローンの支払い、と一言に言っても「カードローン」の他に「マイカーローン」や「住宅ローン」など様々なローンが挙げられます。

これらの「ローンを延滞」してしまった場合、私達にはどのようなことが起こるのでしょうか。

カードローンを延滞してしまったらすぐにブラックリスト入り?その他のローンは何も組めなくなるし、新しくクレジットカードを作ることも5年間以上にわたってできなくなる?…

マイカーローンを延滞していると、どれくらいで車は引き上げされてしまうの?引き上げを阻止するにはどうしたら良いの?…

住宅ローンの延滞をしていると家が競売にかけられてしまう?延滞を続けると、自宅に怖い取り立て屋が来たりするの?またそれらを滞納した、という信用情報はいつまで残るの?…

などなど、色々なローンを「延滞したらどうなるのか?」という疑問について紹介します。

また、それらを防ぐためにはまずどうしたら良いのか?という対処法についても紹介しています。

ローンの延滞について悩んでいる、という方は上記のリンクから一度チェックしてみてくださいね。

光熱費の滞納と家賃の滞納は絶対にしない方が身のため!

私達が安全で快適に生活していくためには、電気やガス、また住居は必要不可欠ですよね。

電気やガスは、少し滞納したくらいでは止まらないため「少々払わなくても大丈夫だろう」と支払いが遅れがちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、光熱費の滞納と家賃の滞納をしていると光熱費の場合はおよそ2ヶ月、家賃はおよそ3ヶ月で強制解約される危険があります。

真夏の暑い時や、冬の寒い時に電気が止められてしまったり、住む場所がなくなってしまっては死活問題ですよね…。

このように光熱費や家賃の滞納をして、電気やガスが止められてしまった時、また家賃が払えなそうな時、どのように対処すれば良いのでしょうか?

以上のリンクからは、どのような流れで電気やガスの供給がストップされるのか、復旧のためにしなくてはならないことは何か?などについて紹介しています。

今まさにそのような状態になりそうな方や、別にそうではない方も予備知識として、ぜひ確認してみてください。「もしもの時」にお役に立てるかもしれません。

税金を滞納するとどうなる?私達に税金が必要な理由とは

住民税や所得税、自動車税など私達の生活の中では「税金を納めること」が国民の義務とされています。

しかしながら、その種類の多さに「こんなに払い切れない!いったい税金は何に使われているの?」という疑問を持っている方もおられるのではないでしょうか?

こちらの記事では「税金は何に使われているのか?」「もしも誰も税金を支払わないとどうなる?」ということについて紹介しています。

また私達も知らないような「様々な税金の種類」についても一部紹介しています。

例えばゴルフをする人が取られている「ゴルフ場利用税」や、タバコ税には「国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税で合計4種類もの税金がかかっていることをご存知でしょうか?

こんなところにも税金がかかっていたの?という発見も、もしかしたらあるかもしれません。

これらのような様々な税金について、「もし滞納してしまったらどうなるのか?」「差し押さえなどがあるのか?」ということについても紹介しています。

私達に身近な色々な「税金」について、この記事で一度考えてみるのはいかがでしょうか?

携帯料金の滞納でブラックリストになるって本当?

私達が普段使っている携帯電話は、現代にはなくてはならないものの一つですね。

そんな携帯電話の料金ですが「高すぎて支払いを延滞してしまった」という方もおられるでしょう。

一見「ブラックリスト」とは無関係に見える携帯電話の利用料金ですが延滞してしまうとブラックリストになってしまう可能性が高くなります。

正確にはブラックリストというリストは存在しないため、「信用情報」に事故記録が付くことになります。

どうして携帯電話の利用料金で信用情報に事故記録が残ってしまうのでしょうか?上記のリンクから詳しく紹介します。

その他、携帯電話の利用料金の延滞を続けると「強制解約」され回線も復帰されなくなる恐れや、強制解約されてしまうと他のキャリアでも契約できなくなるなど…

携帯料金の延滞は「他社の携帯電話も含め、延滞金を含めた滞納分を支払うまでずっと使えない」という事態を招いてしまうこともあります。携帯電話の利用料金の延滞は避けたいものですね。 その他、毎月の利用料金を安くする方法はないのか?などの疑問についてもちょっと紹介しています。

「利用料金をいつも滞納しそうになる…」「毎月の料金が高すぎる!」と感じている方はぜひ一度見てみてください。

国民健康保険の滞納は医療費が最悪10割負担に?

会社で正社員などで働いている方以外の、アルバイトや自営業の方は国民健康保険に加入していらっしゃるかと思います。

国民健康保険の保険料は、きちんと納めることで「病院にかかる際に医療費の負担が全体の3割で済む」という保険です。

健康保険証は病院で何気なく利用しているため「保険証を提示することがそういう意味だったとは知らなかった」という方も、もしかしたらおられるかもしれませんね。

もしも、この国民健康保険料を滞納してしまった場合、どうなるのでしょうか?

また滞納してしまった際の対処方法や、健康保険証を紛失してしまった時の対処方法なども、上記のリンクから紹介しています。

国民健康保険を滞納してしまうと、医療費が最悪で10割負担になってしまうということの他、給与や財産などの差し押さえになる可能性もあります。

「病院に行かないから別に良い」というわけではなく、国民健康保険の滞納をすると、様々なデメリットが起こります。

上記で紹介したように、医療費が10割負担になってしまう以外に、支払いを行わないことで延滞金が上乗せされてしまうことなど、延滞せずに支払うことが一番安く支払える金額となっています。

その他、支払いができない時の対処方法や、健康保険証を紛失してしまった時の対処方法なども紹介しています。

年金の滞納や支払い拒否をすると老齢年金はもらえない?

年金とは、私達が退職した老後に必要になってくる大事なお金ですが「納付しても将来的にきちんともらえるのかわからないし…」と、支払いを渋っている方もおられるのではないでしょうか。

しかしながら年金の支払いは義務であり、20歳以上で60歳未満の方はどなたも加入しなくてはなりません。

そんな年金ですが、もしも支払いを滞納したり拒否したりする場合、どのようなことが待ち受けているのでしょうか。

こちらでは、「年金を滞納すると老後にもらえる額はどうなるの?」ということや「納付期間が短すぎると1円ももらえないって本当なの?」というような疑問について解説しています。

納付期間が短いと、支払っている期間が存在するにも関わらずまったくもらえないなんて、支払い損ですよね!

それではその期間とは、いったいどれくらいだと老齢年金をもらうことができないのでしょうか?上記リンクの記事でぜひ確認してみてください。

その他、学生に適用される「学生納付特例制度」や収入のない主婦などに適用される「第3号被保険者」の制度についても紹介しています。

契約前はセーフでも契約後のNHKの滞納は絶対ダメ?

私達が毎月支払わなくてはいけない公共料金の中には、NHKの受信料の支払いが挙げられます。

しかしNHKの受信料というと、とくに支払いをしなくても視聴できるため「支払いをしていない」また「契約さえしていない」という方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、そんなNHKを契約した上で滞納したらどうなるのか?ということについてや、契約前なら滞納してもセーフであること…

また支払いが全額免除、半額免除になる場合、支払いをしなくても良い状態にするには…ということなどにふれながら紹介していきます。

もしも「支払いが大変だから、支払わなくても良い状態にしたい」と感じている方は、ちょっと見てみてくださいね。

支払いをしなくても良い状態になった場合の、解約の方法などについても紹介しています。

金欠などのお金のなやみ…お金が貯まらない原因は?

山奥で自給自足の生活でもしない限り、私達の生活にはお金が必要不可欠です。

このため、お金の悩みというのはなかなか尽きませんよね。「今月はお金が足りなくて支払いができないものがある」という場合もあるのではないでしょうか。

しかし、毎月のように「お金が足りない、何もかも支払いができない!」という場合は、「収入より支出が多くなってしまっている原因」があるのかもしれません。

こちらでは、「お金に悩まなく本、お金がすぐ貯まる本、すぐ何十万円も稼げる仕事」などのような「お金のうまい話」に乗るべきではない理由を始め…お金が貯まらない原因を探りながら、いくつかのお金の貯め方について、紹介していきます。

お金の悩みは人それぞれですから、あなたの場合にあてはまらないこともあるかもしれません。

その場合は、解決方法の一つとして参考にしていただければ幸いです。

最新記事

突然ですが、あなたは「資金繰り」と聞いてどんなこと...

以前から色々と話題の多い「NHKの受信料」ですが、...

社会保険は大半の事業者が加入する義務があります。 ...

あなたはFX取引をしていますか?本業とあわせて副業...

私達が毎月支払いを行わなくてはならないものには、電...

閉じる